--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/21 (Mon) 後悔

書くんじゃ、なかった。

ぼくは過去に自身が書いた御話(おはなし)に後悔した。せめてそれを自分の内側にだけ持っておけたら、ぼくの世界は違っただろう。しかし、公開してしまったのだ。

もう遅いのだ。

ぼくが、エピローグを書いてから、世界はまるっきり変わってしまったのだ。


「もう、書くことがない」
そう言ってワープロソフトを立ち上げることもなくなってしまってからというもの、ぼくの中には本当に何もなくなってしまっていた。
ほんとはそうじゃない、まだぼくの御話は…人生という物語は続いている。そう信じたかった。実際、続いてはいる。けれど、それは続きではなかった。

エピローグを書き終えて、人生の瞬間を微分する神の集中力で永遠を手に入れたぼくは、実は、すべてを失っていたのだ。

何も欲しくない。何も感じない。何も楽しくない。
人生のピークを迎えてしまってから、ぼくには、何もなくなったのだ。

だけど。
だけど、と、いつも思う。
「だけど、続いている」声に出してみる。ぼくの声だ。ぼくはまだ続いている。生きている。
何が終わって、何が終わっていないのか…ぼくはそれを、勘違いしているんだと思う。

エピローグは書いたけれど、僕はまだ終わっていない。
ひとつの命が終わり、もうひとつの命が始まる。そういう理解でいいんじゃないかな?

あの日のぼくは、確かにもう、どこにもいない。
けれど、その続きのぼくがいる。
眠っていたのか? どっかに行ってたのか?

エピローグの続き、じゃなくて、新しい物語。新しい御話。
ぼくには、書けると思う。思うから、ぼくはいるのだ。いま、ここに。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。