--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2002/03/31 (Sun) 七夕

 七夕。
 今日は1年に一回、あの2人が逢瀬できるチャンスです。光の速さで15年かかる距離を、彼は1年待って1日で達してしまいました。ちなみに、電波を飛ばしても15年かかります。つまり電話で一言交わすのに30年かかるわけです。もし物理的に15光年を移動して1年で逢うとしたら、光の15倍のスピードで移動しなければいけません。それはつまり、時を遡ることに他なりません。1年で一回だけ逢う2人は、実は「今」の2人ではないのです。今年の2人は15年前の2人なのです。まぁ、そんなことは関係ありません。なんてったって、愛に距離や年齢は関係ないからです。

 彼女は彼に言いました。
「They need you.」
彼は彼女に言いました。
「I need you.」

 そして彼は選択を迫られます。
 1年間待たされた数億人の願いを叶えるか、15年待たされたたった一人との1日の逢瀬を取るか。重要なのは選択です。理由なんて後から付け足せばいいのです。願いが叶わないと暴動を起こしそうな奴らがいたなら、いい加減ぶん殴って黙らせればいいのです。なんてアメリカの大統領みたいな考え方で、彼は選択しました。

 その答えは皆さんも知っての通りです。彼は時を超えるほどのスピードで彼女に逢いに行ったのです。そして予言は崩れ、人類の願いは叶わなくなりました。
 そもそも、願いを他人に叶えてもらおうなんて考え自体が邪です。まぁ、映画じゃないので「この予言に命をかけてきた」みたいな人はいません、よね。多分。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<Into the blue | TOP | 深海>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/119-a95a1daa

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。