--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2002/04/20 (Sat) それぞれの(1-6)

 眠っているキミのその愛らしい頬にそっとキスをして、行って来るよと呟く。
 何を思い出せないのかはわからないけど、それでもまぁいいさ。僕は…そう、ボクは。大切なキミと一緒にいられるだけで、他の何を失っても、忘れ去っても、大丈夫なんだよ。

 そういえば昨夜、何かを悩んでいた気がする。
 それは何だっけ? キーワードがあるはずだ…。何かを忘れたときはキーワードを思い出せれば、それを得ることができれば連鎖的に思い出すはず。
 大学について、とりあえず研究室に向かう。まだ誰も来ていないようだ。ボクはIDカードをカードリーダーに通し、ロックを解除する。これはいつもボクの仕事だ。
 …ID?
 そうだ。IDだ。たぶんキーワードはID。ID…自分であること? 自己証明? 自分? ボク? ぼく…僕。おれ。俺。オレ?
 それと…確か。僕は何かを得た。もうひとつのキーワードだ。そう、それは僕だ。僕の重なりだ。空間的…じゃなくて、時間的な。互いに平行に存在する…あるいは直線上の、その2つの点と点を重ね合わせるんだ。同じものであるはずなのに、それが重なった瞬間に…そう、瞬間に、だ。ゼロに限りなく近づくその瞬間に、僕は何かを得たはず。
 …虚。
 虚だ。虚数。I の2乗はマイナス1だ。ボクはそのマイナス1に何を見た? 何を得た?
 まぁいい。きっと何かを得たんだろう。それだけで十分だ。

 先生。先生が考える超高次元の何かに、ボクは近づけた気がします。
 きっとそれを証明してみせる。「虚」、つまり「存在しない何か」。あるいは「無」。だけどそれはゼロじゃあない。虚を実に変えた(はずの)ボクなら、それに近づけますよ? きっとね。

スポンサーサイト

続き物 | trackback(0) | comment(0) |


<<それぞれの(2-1) | TOP | それぞれの(1-5)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/129-e49a364f

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。