--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2002/07/08 (Mon) それぞれの(3-3)

 それからぼくは、あのひとにその実の食べ方を教わって、たくさんそれを食べてみた。
 6個くらいそれを食べた頃、やっとぼくにもそれが美味しいものであるということがわかってきた。でも、その頃にはもうぼくは、それなしでは生きていけなくなっていた。というか、それを食べるために生きるようにさえ、なっていた。
 ぼくは変わっていた。
 食べたくて食べたくて、何度でも、いくつでも食べたくて、ぼくは次第に自分が変わっていくことに気付いた。でもそれは、悪いことではないはずだ。だって、テレビやラジオや雑誌やネットに氾濫するそれを食べた人と同じになっていくことだから。だからそれは、やっとぼくが普通の人に追いついたってことなんだ。
 そうか、ぼくは。普通になりたかったのか。

スポンサーサイト

続き物 | trackback(0) | comment(0) |


<<それぞれの(3-4) | TOP | それぞれの(3-2)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/138-fa0c9e0e

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。