--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2002/09/01 (Sun) ライトホラー「たまご」

 二十時五十分。閉店間際のスーパーには、人がいませんでした。その日は雨が降っていたせいか、雨セールとか云って、店内の全品が百円というバカみたいな値段に設定されていました。私はここぞとばかりにしこたま買い込みました。米も肉も卵も飲み物も、全部百円だったのです。
 四つもあるレジの三つは店員がいなくて、ひとつだけ空いていたと思ったらいかにも顔色の悪い、ゾンビみたいな女性がフラフラしながら私を待っていました。最後の客だから頑張ろう、とでも思っていたのでしょうか。しかしこの値段は安すぎます。合計で三千五百円買いました。税別です。
 帰ってから冷蔵庫に品物を移していると、卵が割れていることに気付きました。十個入りのパックの端から、白身がトロトロと流れ出ているのです。尋常な量ではありません。三個は割れたと思いまして、卵を確認してみました。
 ヒビがあったのは四個でした。せっかくなので、この四個を使って卵焼きでも作ろうと思います。
 ボールに卵を割っていきます。一個目は、もう白身が流れ出てしまったようで、パコリと割った殻の中には何も入っていませんでした。なぜか、黄身も。
 二個目は白身が少しだけ出ました。やはり黄身はありませんでした。
 三個目はヒビから白身が流れていましたが、これまでの二個よりは軽傷でした。パコリと割るとなぜか赤と黄色が混じったような変な塊がドロリと出てきました。どうやら受精卵だったようです。
 四個目は赤い何かだけが出てきました。
 私は恐ろしくなって、パックの残り六個を全て開けてみることにしました。どうせ百円の買い物です。損をしたとは思いませんでした。
 五個目は人の目玉が出てきました。
 六個目は人の生爪が五枚ほど出てきました。
 七個目は白身の中で一センチメイトルほどの虫の幼虫が一匹、蠢いていました。
 いいかげん、気持ち悪くなってきました。
 八個目は妙に軽いのでした。まるで何も入っていないかのようです。しかし卵を振るとカサカサと音がします。私はエイヤと気合を入れて割ってみました。中にはメモが入っていました。レシートほどの小さな白い紙に、私の名前と携帯電話の番号が赤い文字で書かれていました。
 九個目は血と髪の毛が出てきました。
 ここまで来るともう、あまり怖くありません。せっかくなので五個目に出た目玉も焼いて食べてしまおうかと思っていました。私は十個目をコチコチとまな板の上で叩いてから、力を込めて一気に叩きつけました。
 十個目の卵が割れた瞬間、私の後頭部に鈍い痛みが走りました。恐る恐る触れてみると、黄色いドロドロが手に付きました。どうやら卵の黄身のようです。ああ、こんなところに入っていたのですね。
 なぜか妙に喉が渇いたので水道の蛇口をひねりました。が、水はでません。仕方なく、買ってきた牛乳のパックを開けました。その瞬間、下半身に鈍い痛みが走りました。予想通り、パックの中には赤い液体が一リットル入っていました。そして封を切ったように、私の下腹のあたりから牛乳が大量に流れ出ました。
 頭が痛くて意識がハッキリしないのですが、妙に楽しくなってきました。私はその勢いで買ってきたお肉のパックをビリビリと破り始めました。鳥の腿肉だったと思いますが、そのお肉は半分腐っていました。代わりに私の太腿がパックリ裂け、新鮮なお肉が見えました。
 歩けなくなってしまったのですが、お腹が減っているので仕方なく、床に突っ伏したままで食事にすることにします。気付けば台所は血や牛乳や白身でドロドロです。
 野菜なら大丈夫だろうと思い、キャベツをバリバリと裂いてマヨネーズをぶっかけました。それだけでは流石にお腹が一杯にならないので、買ってきたばかりの西瓜を割って食べました。
 私は西瓜を、種ごと食べる人なのでいつものように貪り食いました。しばらくすると胃の中で何かが動いている感覚があります。
 ゴエエエェェェ……
 気持ち悪くなり、つい、吐き出してしまいました。しかし口から出てきたのは植物のツルだけでした。どうやら西瓜がお腹の中で芽を出してしまったようです。
 やっと分かりました。私はこのまま、西瓜に養分を吸い取られ、西瓜になってしまうのです。どうせなら沢山、実がなってくれればいいと思います。
 そういえば聞いたことがあります。西瓜はかつて呪いにかかった人間の成れの果てなのだと。あの、妙に赤い実は、血の色なのだと。そしていまならその呪いの正体が分かります。それは呪いというより、むしろ希望です。
 沢山の人に食べてほしいなぁ。
 そしてまた、そこで次の西瓜が芽を出すのです。
 生き物が西瓜を食べつくすのが先か、西瓜が人を食べつくすのが先か、あるいは誰も西瓜を食べなくなるのか……
 でも今の私には分かります。もっともっと沢山の人に、この血の色をした果実を、食べてもらいたいなぁ。


スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<KI SE KI | TOP | family away>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/152-04e2b70a

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。