--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2002/11/10 (Sun) タイムカプセル

「想像してみるんです。そういう場面を……ときどきではなくて、よく、です。よくある。つまらない仕事をこなしているときとか、電車に揺られているときとか、トイレや風呂で長く息を吐いているときとかにね。あるいは、隣に恋人がいるときでも、恋人を抱いているときでも、食事のときも……こう言うと、まるで四六時中それを考えてるみたいに思われるかもしれませんがね。
 ええ、そうです。わたしは、絶望を望んでいる。いや、欲しいものが何かはもう、分からない。もしかすると濁点なのかもしれない。絶望を切望しているんです。あるいはそれを希望している。変な話ですがね。
 その想像とは何かって? ええ、そうでしょうね。そこが知りたいわけだ。みんなね。けれど、それを言ったらみんな、聞かなきゃよかったって思うんですよ。後悔です。そして軽蔑する。わたしをね。そしてわたしの思想を弾圧する。それが人類誕生から続いている歴史であることを知りながらね。なぜって、理性がそう呼ぶからですよ。
 では言いますよ。そう、わたしは、あらゆる形の絶望を望んでいるんです。最愛の人の死かもしれないし、自分の四肢を切断されることかもしれないし、世界でたった一人生き残ることかもしれないし、誰も自分を見てくれなくなることかもしれない。あるいは、恋人の浮気かもしれない。とにかく、そういう心を扇動させる何かを、です。なぜって、それは、普通のことにはもう、心が揺れないからですよ。それを人は強くなったと言うんでしょうけれどね。確かに、わたしの心は常人よりも強いと思います。ええ、そうですよ。ショックなんてもう何年も感じていない。ドキドキすることなんてないんです。だから絶望を求める。あるいは、恐怖を。
 なぜって、それを失いたくないからです。あるいは……それを失うことを想像して、後悔する自分を俯瞰して、それから後悔するため、です。
 わたしがどうしてこんなににこやかに絶望を望んでいるかって? そりゃ簡単ですよ、あなた。笑顔は得意です。ニコニコしていればとりあえずの和平は望める。つまり、自分を常に絶望の中に追いやることができるというわけです。
 ところで、知っていますか? 笑顔というのは、肉体生理学的には……筋肉の動き、という面から見れば、ですがね。かなり闘争に近いものがあるんですよ。わかりますか? 人はつまり、笑いながら争いに身を投じることができる存在なんです。
 だからヒトは、特別な動物なんでしょうね」

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<雪虫 | TOP | ペットボトルリバー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/167-273ae360

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。