--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2002/11/20 (Wed) ストリート・ライフ

「俺はこの仕事のために全てを捨ててきたんだ!」
 なーんてすっとぼけたことを言ってかっこつける野郎が沢山いるけれど、僕は今まさに、そういう状況下にいた。
 何かひとつを成し遂げるために何かを捨てなければ……あるいは失わなければならない、という状況だ。今になって、かつて彼女に「仕事と私、どっちが大事なの!?」と迫られた時に真っ先に「仕事」と答えた自分を恨んだ。けれど、逆に考えよう。何か一つを捨てればもう一方が手に入るとするならば、たとえ大切なものだとしても、それを捨てる価値はないだろうか。
 つまり、情と金と夢、だ。

 定職にも就かずに夢を追いかけ、その場しのぎのアルバイトを繰り返しては日銭を稼ぎ、そして夢を語って自分の足元を見ないで危うい橋を歩き続ける、という人生。ときどき、神を恨んだ。どうして神は僕に選択肢すら与えてくれないんだ、と。
 だから昨日の夜は、本当に感謝した。
 夢枕に神さまか何かが立ったのだ。
「三十路前にして未だ夢を諦めきれずにヒモのような生活をしている失格者であるお前に選択肢をやろう」神は言った。ちょっと耳が痛かった。「三日の猶予を与える。選択肢は三つだ。ひとつめは、今の彼女との幸せな未来。その代わり、そこそこの稼ぎはあるが絶対に成功しない仕事を一生続けることになるし、夢も捨てなければいけない。ふたつめは、嫌々に続ける仕事が大成して大金持ちになれるが一生結婚できず、夢も叶わない未来。みっつめは、夢は叶うが一生結婚できず彼女もできず、常に生活がギリギリの程度の金しか稼げない未来だ」
まさに究極の選択だった。僕は、嬉しさと同時に恐怖を感じていた。目覚めた時に変な汗をたっぷりかいていたことから、夢の中の僕がどれほど動揺していたかが手に取るように分かった。

 けれど、いや、だから。
 人間は、汚いんだ。

 3つの中からひとつだけを選べるという未来の選択肢。どれか2つを捨てれば、残りのひとつは確実に手に入る。少なくとも僕が選ぶ「幸せ」のひとつは、手に入るということだ。だけどここで、僕は自分がどれほど欲深いかを思い知った。ひとつは保証されている、しかも確実に、だ。だというのに、僕の心は、ひとつも捨てたくはないと思った。
 真に強い人間とは「捨てられる人間」だそうだ。そんな話を昔、聞いたことがある。ゴミもそうだし、思い出もそうだし、未来もそうだ。消去法で選択肢を選んでもいい。とにかく、捨てることができることが心の強さだと聞いたことがある。だから、なにひとつ捨てられずに燻らせている僕は、弱い人間だ。弱く汚い。何もかもを捨てられずにいるということがつまり、全てを同時に手に入れたいと願うことにほかならないからだ。
 けれど、もしも、だ。
 このみっつの選択肢を全て断れば、みっつのうちどれか二つないし三つ全部を手に入れることができる未来にたどり着けるかもしれない。だから僕は、こんな冴えない人生でも、頑張ろうと……頑張れる、と、そう思えるのだ。

 せっかく願った神さまだけれど、次に出逢ったときは、選択肢をつき返そうと思う。きっとそんとき、こっぴどく説教をくらうんだろうな。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<ピアスマン | TOP | 雪虫>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/169-28ee9bc4

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。