--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2002/12/31 (Tue) アイ ウイッシュ

 12月31日、23時40分。
「今年もあと20分で終わっちまうなぁ」
「そうねー。色々あったよね」
揃いのセーターを着て、年越し蕎麦を食べ終え、蜜柑をやっつけながら二人は今年を思い出していました。
「あっという間の1年だったな」
「それ、去年も言ってたわよ」
「そうだっけ?」
「そうよ。覚えてるもん」
彼は彼女に頬を突付かれ、やれやれと苦笑しました。彼女は小さなことばかり、よくもまあ覚えているものです。冗談半分で言った約束事なんかもしっかり覚えていて、忘れていた彼にいきなり怒ったりするくせに、大事な用事だとか毎朝乗らなきゃいけないバスの時間なんかはほとんど覚えてはいません。そんな彼女にときどき愛想をつかしながらも、こうして二人で寄り添っているとき、彼は満たされるのでした。
 外は風が吹きすさび、体感気温は氷点下かもしれません。それなのに、暖かくて綺麗に掃除された部屋でテレビをつけながら蜜柑と紅茶をいただいているという状況を思い浮かべ、そんな、かつての自分には想像も出来なかったような幸せの中にいる自分を確かめ、そして「今、自分は確かに幸せの中にいるんだ」と思いなおすことで、彼の中にどうしようもないほど大きくて柔らかで穏やかな気持ちが満ちてきます。
「ほーら、また一人で空想の世界に飛んでる。帰ってこーい」
彼女はふにふにと彼の頬を突付きます。彼が気付いた時には、もう今年はあと10分を切っていました。
「蜜柑、あと1個になっちゃったよ」
「そうだな。食べていいよ」
「えー? やったぁ」
彼女は蜜柑を綺麗に剥きます。白い筋に栄養があるんだ、なんてことを彼が言ってもお構いなしに筋を剥ぎ取っていきます。
 綺麗に蜜柑が剥きあげてから、彼女は半分を彼に差し出しました。
「半分こ、しよう」
彼は軽く笑って、半分の蜜柑に一気にかぶりつきました。
「ぬわ! 酸っぺぇ!」
 最後の蜜柑は、グレープフルーツか渋柿か、ってくらいに酸っぱい味でした。
 彼女はそれでも口を尖らせながら蜜柑を食べ切り、言いました。
「これが今年の締めくくりの味ね」
「酸っぱさで終わるのかよ」
「酸っぱい1年だったってことじゃないの?」
彼女はクスクスと笑いました。そのまま酸っぱい口でキスをして、テレビのカウントダウンを待ちます。あと1分ほどです。2人は目を閉じ、過ぎ去ろうとしている1年に思いを馳せました。
「思えば、色々あったなぁ」
「あんたの浮気とかねー……」
「それを言うならお前もだろ……」
「それはあんたが浮気したから、つい、ね……」
「でも俺が浮気やめてもお前は浮気相手と繋がってたしなぁ……」
「もう終わったことよ……」
「ちょっと許せねぇんだけどな……」
「なによ!」
彼女はいきなり立ち上がりました。
「もとはと言えばあんたがしょーもないことばっかりしてるからでしょ! 好きで浮気してたんじゃないのよ! ただあんたに心配とかやきもちとかしてほしかっただけなのに! それでもあたしの方が悪いって言うの!? あんた自分が何やってたか分かってんの!」
「ちょ、ちょっと……」
「この際だからハッキリ言っとくわ!」
 ポーン、ポーン、ポーン……
 口論の途中で、年が明けてしまいました。呆気に取られた彼女は、喝采の上がるテレビ画面を見ながら力なく拍手をしました。
「……で? ハッキリ、何を言うって?」
彼は呆れたように彼女を見上げました。
「だから、その……」
「何?」
「……何だっけ?」
「馬鹿だな」
「馬鹿ぁ!?」
再び怒りかけた彼女を見て、彼はまた、フッと笑いました。
「今年のお前の目標は、そのキレやすい性格をどうにかすることだな」
「キレやすいって何よ!」
「何よって、それよ」
 彼女は恥ずかしそうに、ぺたりと座りました。
「ほーらな。たった30秒前まで去年だったのに、今はもう次の年なんだぜ。しかも、去年と繋がったままで今年を迎えちまったじゃないか」
「ごめんなさい」
「今言うべきは、ごめんじゃないわな」
「……うん」
 外の通りに、人が出てきました。寒空の中、少しずつ賑わいが増えていきます。元旦未明の眠らない夜、誰にともなく、人々は言います。それがまるで、お目出度い自分に言っているかのようで、滑稽で。

 だからほら、新しい1年は、おめでとうで始まるんだよ。
 ありがとうって、誰か、冗談でも、言ってあげなよ。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<ending | TOP | メッセージ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/171-747c0dad

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。