--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/01/28 (Wed) テレホン

 公衆電話からの着信は、胡散臭いのであんまり出たくない。
 けど、公衆電話からかけるのは好きだ。もちろんケイタイは持ってるけど、行き交う人を背に「俺、電話してます」って主張するみたいにボタンを押し進めていく瞬間がたまらなく好きなのだ。電話ボックスもいい。タバコ屋の前のコイン専用の電話もいい。子供のころは漠然と、こうして物理的な線で人と人が繋がって行くんだなぁと感心していた。
 そんな俺が大人になった、ある日の物語。

 電話が繋がるというのは物理的な線と線を交信させて話をする「有線トランシーバー」だと漠然と考えていた。電話線というのが一家に一台あって、公衆電話にもあって、個々にユニークな番号がある。それを繋げるだけなのだけれど、その番号は少なくともこの国に一つなわけだから、それってすげえ! と思っていた。
 それが今は曲りなりにも21世紀。
 ケイタイ電話は今や一人に1台という時代。090以下のたった8桁しかないわけで、それは簡単に言うと10の8乗しかユニークさがないということだ。080とか070も同じ、いや、固定電話も結局同じなのだけれど。そのユニークの中には日々テレビの向こうにしか見ることができない人もいればいつも隣にいてくれる人もいるし、疎遠になった友達も、かつて心を焦がしたあの人もいるわけで、今まで通り過ぎた同級生や先生や友達や恩人や、それこそ数え切れないほどの人がいるという事実は、大人になった今でもときどき数字を数えてはすげえ! と思う。
 けれど、繋げるのは物理的なラインを持たないケイタイ同士。それは一見すると当たり前だけれど、ちょっと斜め左から見るとすげえファンタジーに見えてくる。つまり、無線で通信しようとしている先にあるのが物理的な存在じゃないかも、という可能性だ。

 機種変更したばかりの二台のケイタイを机の上に並べてみた。
 つい1時間前まで左のケイタイは使えていた。今はその番号を右のケイタイに移してしまったからもうただのデジタルガラクタでしかない。カメラとしても使えるけれどメール添付できないからほとんど意味はないように思える。
 パッと見はどちらもただのケイタイだ。電源を入れればどちらも普通に使えそうな気がする。けれど左のは番号を持たない。世界の中で孤立した存在、というわけだ。
 だけど、今や21世紀なんだぜ? 機種変したケイタイも、無線できっとどこかに繋がれるはず。絶対、そのはず。それを僕の思い出だ、なんて短絡的に繋げることは簡単だけれど、こう考えちゃどうかな。
 使えるケイタイをオンラインとすれば、オフライン専用のラインもどっかにあるって。
 ほら見ろよ、ケイタイショップのお姉ちゃん。こんな俺を笑うかい?
 左のケイタイが、新規メッセージを受信しはじめたじゃないか。きっとそれは、普段の僕らの「声」が届かない場所からの。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<ライラック | TOP | スリーピース>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/180-dc480c47

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。