--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/02/27 (Fri) だれかのための歌

 メジャーデビューという夢があった。それが叶ってからも、生活にあまり変化はなかった。毎日ダラダラした生活を続ける中、気が向いたら小型のレコーダーに思いついたメロディを吹き込む。ある程度それが溜まったら五線譜に書き下ろす。予定がある日は事務所へ行ったり、CDショップへ行ったり。インストアライブをしても路上で弾き語りをしても、誰も僕の歌なんて聞いてないのはすぐに分かった。本物のミュージシャンが唄ってる、それだけだった。ケイタイを向けてフラッシュを焚くだけ。僕の歌は誰にも届かない。ライブの後でサインをねだる人はあっても、CDを買ってくれる人なんていなかった。
 オフの日は朝からぬるい風呂に浸かった。天井をぼんやり見上げる。僕がしたかったことって、こんなことだったのかな…。僕の夢は叶ったはずなのに、何一つ掴めていない気がするのはどうしてだろう…。
 風呂から上がり、また曲を書いた。これが仕事でお金も貰っているのだから文句は言えない。けれど、こんなんじゃアマチュアでも同じじゃないか。せめてバンドでも組んでいれば、こんな不安をぶち壊すだけのパワーをくれる奴が一人くらいはいたかもしれない。でも、僕の歌はいつもギター一本で奏でるから、あんまりやかましいメンバーはいらない。やかましいオーディエンスもいらない。でも、曲が売れないことには僕の生活もままならないから、誰の耳にも優しい無難なメロディに無難な歌詞を載せて、また唄う。
 未発表の曲も、もちろんある。スタジオを使わせてもらって録音したデモテープもある。好きなことをやっているはずなのに、好きな歌を唄えない僕は結局、何もしていないのと同じだ。サラリーマンと同じだ。全ては、お金のため。
 僕がまだアマチュアだった頃に作った自主制作のCDを持ってきて、その中でも未発表の曲ばかり集めた「マニアクスコレクション」と銘打った一枚をかけてみた。夢を唄い、愛を求め、自分の在り方にこだわった馬鹿な男の歌。僕の声とギターと右手で世界を少しでも優しい音に染められたら、そう願って叫んだ歌。
 本当はいけないことだけど、これはミュージシャンにだけは許された歌だ。これが哲学者や小説家や画家や数学者や写真家だったら、こうはいかなかった。歌を唄う人にだけ許された内容の、小さな物語だ。
 自分のことを自分のために歌った唄。僕が生きるために、皆から元気を貰うための唄。
 そうして貰った元気でもって僕はまた、皆のための唄を少しずつ綴ることができる。そうだ、僕は、前から変わっていない。まだ届かない夢を見て、視界を曇らせている。唄うこと以外に何もできない僕が、唄うこともろくにできないけれど、祈りにも似た物語を叫ぶことだけは、人並みにできる。もう一度だけやってみよう。ダメだったら僕はそこまでの人だったってこと、それだけ。毎週毎週、言っている。もう一度だけ、もう一度だけ、頑張ってみよう。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<アニマルズ・イン・ザ・ウォー | TOP | クッキン・ハート>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/184-aba6fcd4

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。