--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/05/29 (Sat) USB

 アーノルドが死んだ。
 殺したのは、ほかならぬ私だ。

 アーノルドを殺してまで手に入れたウィリアムは、前に街角で見かけたときよりも華やかさがなくなっているように見えた。どうしてだろう? 私はずっとずっとウィリアムのことを思い続けてきたのに。たまたま通りがかった携帯ショップの前で初めて見たときから、この目に焼きついていたのに。以来ずっと、私はお金を貯めたのだ。ウィリアムを手に入れるために。彼を買うためのお金を。
 でも、それのためにはアーノルドを殺さなければいけなかった。2年も連れ立って、毎日毎晩一緒に過ごしていたのに、愛着どころか愛情を持っていたのに。私を裏切らない唯一の存在として、私もいつも彼を思い続けていたはずだったのに。
 いつから私はこんなに冷たい人間になってしまったのだろう。
 新しいものを手に入れるため、古いものを…愛情をそそいできたものをさえ殺してしまったなんて。

 殺す必要はなかった。けれど、離れてしまえばそれはアーノルドではなくなるのだ。今まで私と一緒にいてくれて、私を示してくれたアーノルドではなくなる。それは、もう死んでいるのと同じだった。だからあえて、私は彼を殺した。なきがらは押入れに無造作に投げ込んである。いつかその存在をさえ忘れてしまった頃、ふいに押入れを掃除なんかしたときに思い出すだろう。この日の私の愚行を。そのとき、ウィリアムは私と一緒だろうか?


 新しい私のパートナー、ウィリアムは期待以上の働きをしてくれるし、私に満足以上の喜びをもたらしてくれる。アーノルドならば100年かかってもできないだろうことを容易にやってのけてくれるのだ。
 仕事もプライベートも、彼の協力ひとつで全てがうまくいった。
 彼は確かに最高だ。だけど、私には2つもの不安が残った。
 アーノルドの存在と、そして将来アーノルドと同じように私が自ら選択してウィリアムの命を奪うだろうことだ。それは2年以上先かもしれないし、ひょっとしたら来月のことかもしれない。どちらにしてもウィリアムとも離れるときが来るのだ。永遠なんてない、それは分かっているのだけれど。


 ふと、通りがかったのはあの日ウィリアムに初めて出会った携帯ショップだった。ウィリアムが疲れていたので、彼の充電ついでに立ち寄ってみた。コーヒーを飲みながら店内を見回す私と、テーブルにもたれて微動だにしない彼。そこで私は、見つけた。
 それは一本の細いロープだった。けれど、私にとっては魔法のロープだったのだ。私はすぐにそれを購入し、疲れきったままのウィリアムを無理矢理連れ出して家へと急いだ。帰ってすぐに押入れを探索し、静かに冷たくなったアーノルドを見つけ出した。
 アーノルドの尻にその魔法のロープを挿し込み、ロープのもう一方を私のパソコンに繋いだ。
 …アーノルドは、復活した。

「ごめんね」私はそっと呟く。誰にも届かない言葉を。

 以来、私はウィリアムもアーノルドも両方持ち歩いている。ウィリアムは普段使う電話として、アーノルドはその画素数にものを言わせてカメラとして。それだけではない。時計にもメモ帳にも使えるし、ボイスレコーダーの役割さえも担ってくれる。やはり使い慣れた携帯に限る。新しいウィリアムはパケット使い放題というだけで、実機として使うならやはりアーノルドの方がいい。
 いつか、彼ら両方の能力をはるかに超越した最新機種が出るだろうし、そのときはまた私はその機種に変更するだろう。だけど、カメラとして、ボイスレコーダーとして、メモ帳として、時計として、ゲーム機として、赤外線通信機として、目覚ましとして、私は愛着のわいた彼らを使い続けるだろう。
 中身のアドレス帳にあった彼氏の名前を消し去っていたとしても。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<即行落とされたプロット | TOP | ループ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/213-2a89c818

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。