--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/07/11 (Sun) 即行落とされたプロット

 彼は不倫をしている。毎日やむことのないメールと電話がその証拠なのだ。間違いない。だから私は事実を知りたいと思った。その結果、私たちの間にとんでもない亀裂が入ったとしても構わなかった。覚悟はできていたし、準備もあった。
 彼が眠っている間に携帯をチェックする。しかしメールにはパスワードがかかっていて、私では見ることができなかった。こんなことをするなんて、よっぽど見られたくないメールを交わしているに違いない。しかし発着信履歴を見ればいい。グループ「会社」の人がやはり多いけれど、「友達」「その他」「機関」、いろいろなグループのいろいろな人に電話をかけたりかけられたりしている。その中で特に怪しいのは、彼からかける場合だ。よって発信履歴を見ればいい。名前は全員男の名前だけれど、偽って登録しているに違いない。この「山田」とか云う男も怪しいけれど…前回発信が一昨日の午前9時。仕事中だ。では「伊藤」は? 前回発信が昨日の午後3時、その前が昨日の午前11時。感覚が近い…これは怪しい。では「本田」は? 午後5時、その前が一週間前。これはないな。
 そんな感じで頻繁に電話をかけたりかけられたりしている相手を探す。
 「田中次郎太」。こんな名前の人がいるわけがない。しかし履歴ではかなりこの人にかけている回数が多い。この人でほぼ間違いはないだろう。

 と、そのとき、私の携帯がなった。非通知設定。私は「はい」と出る。「ええ、大丈夫。怪しい人は見つかったわ。あとはこの人が誰かを見つけるだけね…ええ、そうよ。まかせて。ちゃんと離婚に持っていって慰謝料もたっぷりいただくわ。待ってて」
 そう。私も不倫をしているのだ。しかしここは私が隠し、彼の浮気を暴いて慰謝料をせしめて離婚、そして私は新しい彼との生活をスタートするという計画だ。私はバレてはいけない。

(中略)

 そして私は彼の浮気を暴き、見事に慰謝料を勝ち取った。幸い、お金持ちだった彼はたいした額ではないと言って一括で払ってくれた。計画完了。最後に互いの番号を消し、離婚届を出し、そして私たちは別れた。
 とはいえ、夫婦をしていた仲だ。番号を消したとしても、数字自体を覚えているだろう。だから私はまた彼、つまり元夫の番号を登録する。やつからかかってくれば拒否するだけ。いまさら私に何を云っても無駄よ、という意味だ。
 同時に私は非通知拒否設定を確認する。ずっと以前からそうだ。知らない番号からの電話には出ないほうがいいに決まっているから。

 …「非通知設定」という名前で登録してある、今の彼の名前をもとにもどさなきゃ。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<夜回り探偵 | TOP | USB>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/214-4d119df2

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。