--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/07/24 (Sat) これもまた夢

 ただの過眠症だと思っていたけれど、もしかしたら違うのかも、と思い始めたのはつい今朝のことだ。
 昼間眠くて仕方がない。それは現実逃避したがる僕の身体が勝手にやっていることでしょうがないことだと思っていたのだが、眠ってみるとどうやら同じ夢を毎日見ていることに気付いた。その世界で僕は少し年若くて、困った人を助けるのが好きな好青年で、道に迷った外国人の道案内や何かをしていた。ほとんどカタコトの英語を使ってどうにかコミュニケーションをとる僕に、外国人も「ハッハッハ、気にするなボーイ、おまえはいいやつだ」みたいな対応で話を聞いてくれていた。
 そんなある日、一人の黒人男性が現れる。彼は大うそつきで僕の話も聞かないくせに妙に何かを隠したそぶりを見せ、しかもそれがバレバレだった。僕と友人ふたりは困り果て東京案内をやめようかと思っていると、そいつが実は凶悪殺人犯だったと分かった。これじゃまるで村上龍の『インザミソスープ』じゃないか、ひどい話だ、と思っていたところへ、次の外国人が訪れた。
 知り合いの刑事がたまたま同席していたので僕はちょっと席を外し、待ち合わせ場所のホテルのロビーへ戻ってきた。すると友人A(男)、友人B(女)、刑事(警部)の三人がワンボックスカーに拉致され、しかもそれを見せ付けるように僕が到着した時点で車は走り出した。
 数日後、友人のふたりは解放されたようで戻ってきた。どうやら何もなかったらしい。が、犯人の狙いはその刑事だった。拉致された刑事は殺されたという。犯人は僕が前にアテンドを務めた黒人とその後に現れた凶悪野郎が率いる外国人グループで、しかもそいつらは僕らのことを知り尽くしていた。家に帰れないということでホテルに部屋を取り、僕らはそこで拉致された刑事の後輩の新米刑事とともに話し合った。警察という機構は動いてくれない。僕らが解決するしかなかった。
 しかし、その隣の部屋では犯人グループがすでに僕らの居場所をチェックしていて、しかも部屋を借りていた。友人の女の子が拉致されて僕らは失敗に気付く。
 スワットみたいな最強装備の犯人グループを相手に、僕と友人と新米刑事がたった3人で戦いを挑むことに決めた。事件が起これば警察は動く。が、それでは彼女は帰ってこないだろう。全てを水面下で終わらせなければいけなかった。

 目覚めるとそこがどこなのか、ときどき思い出せなくなる。そこは僕の部屋で、みんみん五月蠅いセミの声が聞こえる暑苦しい部屋なのだ。扇風機も回っていない。シーツに沁み込んだ汗は暑さによるものだろうし、その夢によるものではない。僕はその夢の先を見るのが恐くてたまらなかった。眠りたくないと思っているのに身体が勝手に眠ってしまい、そして夢の中でまた凶悪な事件と立ち向かわなければいけなくなる。現実の僕の部屋の中でさえ、もしかしたらあいつらが潜んでいるのかも、隣で盗聴しているのかも、と疑いたくなってしまうほどだった。
 たぶん、しばらくすると僕にはどちらの世界が現実なのかが分からなくなってしまうのだろう。平凡で刺激も何もないこの日常なのか、それとも死とスリルと事件に溢れたあちらの日常なのか。もしかしたら両方が現実なのかもしれないし、両方が夢なのかもしれない。
 ただ、夢が醒める瞬間というのを知っている僕だから、どちらかが完全に夢の中の世界の出来事だ、と知ってしまった時の感情を想像すると、また僕は怖くなる。そしてたぶん、眠くなるんだろう。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<物語る人 | TOP | 夢>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/217-f6c56106

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。