--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/08/03 (Tue) lights brought the future

 好きな人と一緒にベッドに入っているのに、抱き合っているのに、わたしは悲しくて泣けてくる。次に会えるのはいつだろう、そんなことを思っているとき。もっとキスしたいのに返してくれないとき。仕事に疲れすぎて眠気が襲い掛かってくるとき。わたしの頭を撫でてくれている彼の顔は壁の方を向いていることに気付いたとき。
 わがままばっかり言ってどうしようもない自分が大嫌いになって、深夜だというのに帰ろうかと思ってしまう。じゃなきゃそのまま眠ってしまおうかと。とにかくこんな時間なんて最初からなければよかったのに、ぐらいのことを思う。思って、後悔する。ふと思いついた遠い過去のこと。もしも過去の選択肢をひとつ違えていたら、今とは違う現実があったのだろうか。今も幸せだけれど、もっと幸せになれる現在、なんてものがあったのだろうか。
 そんなことを思いながら毎日を過ごしていると、どうやら幸せは遠ざかっていくようだ。結局わたしは自分の理想や夢を追うあまり、好きな人の欠点にばかり目が行ってしまう。新しく良い部分を見つけても、それ以上に悪い部分を見つけてしまう。そしてそれを受け止められない。
 わたしなんて居ないほうがたぶん世の中のためなんだよ、友達に愚痴をこぼす。そのたびにまた泣けてくる。どこかにわたしを永遠に満たしてくれる愛や幸せがあるのだろうか。友達は提案してくれて、わたしは単純に決意する。
「わらしべ長者のやり方よ。最初は身近なちっちゃいものでいいの。それを他の人にあげて、そういうことを順々巡りで繰り返して、いつか自分のもとに帰ってきたときにそれがおっきくなってるのを願うの」
 曰く、最近の若い子の間で流行っているのだそうだ。
 というわけでわたしはメールを打ちまくった。
『これは幸せのチェーンメールです。このメールを見た人は三日以内に二人に転送しましょう。沢山のチェーンが繋がるほどあなたは幸せになります』

 ドキドキしながらメールを打った後は、携帯の電源を切って数日放っておいた。
 電源を入れたとき、わたしが見たのはわたしが送ったメールがそのまま返信された二通だった。チェーンは一繋がりもしないまま途切れてしまった。あーあ。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<happy days | TOP | 世界はトリビアで出来ている。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/220-d69f44e3

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。