--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/10/02 (Sat) 埼玉ブレイク工業

 大宮を練り歩く俺たち3人、ヨウチェケラッチョ! って古いか。悪ぃ悪ぃ。なんたって俺らはここいらで最悪最強のチーム! 人呼んで「埼玉ブレイク興行」! チームの指針はたったひとつ! いくぜお前ら! ヨウチェケ!

「ぶっ壊せ!!」

 家を壊すぜ 橋を壊すぜ 戦車を壊すぜ ビルを壊すぜ ペンタゴンを壊すぜ 愛を壊すぜ 人間関係を壊すぜ 子供の夢を壊すぜ ダダッダ~


 case.1 子供の夢を壊すぜ(1)
 いまどきショップの前で駄々をこねるガキがいるとは信じがたいが、泣き叫んで親を困らせている子供がいる。オモチャ買って~、などと阿呆なことを言っているが、親はどうにかなだめようとして「サンタさんがプレゼントしてくれるからもうちょっと待ちなさい」と言っている。ここは俺たちの出番だ。
 子供のそばまでさりげなく移動し、親が目を離した隙に子供に耳打ちする。
「サンタさんなんていないよ。あれはお父さんお母さんがやってるんだよ」
 見た感じ小学校低学年の子供だが、いきなりこんなことを言われては動揺せざるを得ないだろう。そしておそらくこの子は知るのだ。俺の言葉が本当のことだと!
 俺がまたさりげなく離れると、子供はふぇっ、ふぇっ、わーーんと泣き出した。どうだ、こんなもんだ。楽勝!

 case2.子供の夢を壊すぜ(2)
 ディズニーランドへ俺たちがやってきたのは、他でもない、こんなに壊しがいのあるスポットはないからだ。まずはいきなり入り口近くのお土産ショップに入る。女子高生がキャーキャー言いながらちょっと値が張るキーホルダーやぬいぐるみを見ている。また俺はさりげなく移動し、そっと耳打ちする。これが気付かれないのが俺たちのやり方だ。
「このぬいぐるみ、原価はXX(ピー)円で、メイドインXX(ピッピー)だよ」
 はっとして女子高生が周りを見回した瞬間には俺たちはすでにいない。他の客に溶け込んでいるという寸法だ。そして軽いショックを受けた女子高生はぬいぐるみを買うのをやめ、外に出るのだ。そしてたまたま見つけたネズミのミッXーと一緒に写真を撮ろうとしている。チャンスだ。
 スザザザザ、と走りより、シャッターチャンスの瞬間にミッXーの頭をスポンと抜く。着ぐるみははがれ、中から男が出てきた。そしてカシャッ。ナイス写真だ。これで彼女は一生トラウマを背負って生きていくに違いない。

 case3.人間関係を壊すぜ
 街を歩いているカップルに、そっと耳打ちする。
「あんたらよくそんなんでつりあってるなぁ。苦労してる方は丸分かりだけどなぁ」
 はっとしてキョロキョロするカップル。しかし俺はもういない。そして喧嘩が始まるのだ。まずは小さな言い争い。それが発展し、信号が2回変わる頃にはビンタが出て別々の道を行くに違いない。ははは。

 case4.愛を壊すぜ
 電車の中でラブラブしているカップルを発見。よし、破壊だ。
 ついついついーと近づく。昼間の埼京線、人は少ない。だからって堂々とキスしたり胸を触ったりアハーンとか言ってるんじゃないよ。殺すぞ。
 で、近づいて見ると…ああ、このミッションなしね。ごめん。
 ちょっと顔が、さ。あまりにも似合いすぎてて。可哀想すぎて。あー。二人の世界に入るしかないよなあ、確かに。しかし不細工なカップルに限って人前でラブラブしたがるけど、それを見ても全く羨ましくないのはなぜだろう? というかむしろ勝った気になるのはなぜ?
 破壊するまでもなく、今回は完了。

 さて、次の獲物を探そう。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<suicide | TOP | 正直者>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/244-c9b6ebc1

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。