--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/10/30 (Sat) あけずきんちゃん

「ねえねえお婆さん、わたし、沢山知りたいの。今日もいろんなこと教えてね」
「ひょひょひょ。ええよ。何でも聞くがええ」
「ねえお婆さん、どうしてお空は青いの?」
「みんなが青いって言うからだよ」
「ねえお婆さん、どうしてお砂糖は甘いの?」
「脳がそう判断しているからだよ」
「ねえお婆さん、どうしてお婆さんは物知りなのにいつも寝ているの?」
「それは足が悪いからだよ」
「ねえお婆さん、足が悪いなら町のお医者にかかればいいのに、どうしていつも一人で寝ているの?」
「お金を持っていないからだよ」
「ねえお婆さん、どうしてそんなに耳が大きいの?」
「福耳だからだよ」
「ねえお婆さん、どうしてそんなに目が大きいの?」
「お前の顔をよく見るためだよ」
「ねえお婆さん、どうしてそんなに毛深いの?」
「そこらへんはちょっと触れないでくれるかねえ」
「ねえお婆さん、どうしてそんなにお口が大きいの?」
「それはお前に真実を告げるためだよ!」

 そう言うとお婆さんはびょばっと起き上がりました。
「ねえ赤ずきんや。お前は生まれてこの方、何も知らずに生きてきたねえ。でもそれも今日まで。今日はお前の誕生日だろう? お前もこのおばばに聞いてばかりでなく、自分で物事を見て聞いて触れて考える時期がやってきたんだよ。お前の名前は赤ずきんではないよ。それはお前が赤い頭巾をかぶっているからに過ぎないのさ。ほら、これをやるよ」
「…これは、白い頭巾?」
「いいや。この頭巾の色は、お前の人生でお前が決めるんだよ。言ったろう? 皆が青いと言えば空は青いし、皆が黒いと言えば闇は黒いんだ。お前はその頭巾をお前の色に染めるがええよ」
「…でも、お婆さん、わたし何も知らないから…」
「大丈夫。生きていくのに最低限必要な知識はもう喋ったよ。お前は利口だから覚えているだろう? あとはその応用さ。昔々、あたしも赤い頭巾をかぶって町を歩いて暮らしていたものさ。赤い頭巾をかぶった女の子は、いつも本当のことを知りたがるからね。お前もその血筋を引いているのさ。行ってくるがええ、赤ずきん。…いや、真っ白な頭巾のお前よ」
「お婆さん、わたし、赤ずきんでいいよ! だからお婆さんのお話をもっと聞きたい!」
「ダメだよ。次にお前がここに来る時は、わしにお前だけの頭巾の色を見せてくれるときだよ」
「わたしだけの…頭巾?」
「そう。行ってくるがええよ。大丈夫。町はいつも赤い頭巾の少女に優しいからな。ほら、最初はりんご売りでもやったらどうじゃろ」
「…お婆さん。わかったわ。わたし、行って来る!」
「行って来るがええ。わしは待っとるからの。いつまでもここで。次はお前がしてくれる話を楽しみにしとるからの」
「はい! 行ってきます!」

 そうしてわたしは、旅に出ました。白い頭巾はわたしの頬と同じように少しだけ色が付いて、今は朱色。この先、どんな色に染まっていくのだろう、そう思うだけでわくわくしてきます。
 今のわたしは、朱(あけ)ずきん。明日のわたしは、もっといい色でありますように。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<そして、始まる世界 | TOP | 死者夜這い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/247-9fbe8259

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。