--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2001/08/26 (Sun) 埼玉ラブストーリー(2)

 アンドロイドの一体が搬送中のミスにより目覚めてしまった。ロシア人少女タイプで知能はBクラス、身体能力はAクラスの、オークションでは1000万円近い値をはれる、総合Aクラスのアンドロイドだ。ちなみに、地下14階からの搬送は闇オークションへ直通で、金の余ったVIPども(主に変態)が集う場所へと続く。一般市場へ出すのはまだまだ(倫理的に)危険らしい。とにかく、一体のアンドロイドがこのフロアを彷徨っているのだ。
 作業用ロボットの知能がDクラスであることを考えても、いや実際にBクラスの知能ともなれば、人に言われたことは完璧にこなし、しかもある程度の未来予測からその時点の自身に最適な行動パターンを考え出すことから、目覚めたアンドロイドを放置するのはかなり危険だった。もしも他のアンドロイドたちを目覚めさせようものなら…(アンドロイドを眠らせるには耳の制御器を制御するか、特殊制御用オイルを飲ませるしかない(これは眠らせるのとは少し違うが)。自動充電装置により、少なくとも3ヶ月は稼動し続けるのだ。
 ここ、地下14階は地上へ直通だ。地上は森の中にある隔離された研究所とはいえ、偶然が重なればそのまま逃げおおせることも可能だろう。もしそうなった場合、森を抜けたり街を歩いたりしていく中でかなりの学習をすることになる。知能メモリのリミットを越えることはないとしても、相当したたかに生きていくことは可能だろう。あるいは、自分を人間と思い込み制御器を隠して社会に溶け込むかもしれない。
 何より、ここは埼玉県内だ。
 僕が恐れているのは、こんな少女タイプのアンドロイドが生き抜くことではない。完璧な動作と知能を持つ、人間が努力というレベルではおいつけない完璧な “新人類”のカリスマが現れることだ。もしアンドロイドで、人を扇動するカリスマが現れた場合、人はそのアンドロイドに従い、立場は逆転するだろう。上司は聞く耳を持たなかったが…、セクサロイドよりも求められる欲望が強い部分に、いや、あるいはすでに開発が始まっているとしたら…

スポンサーサイト

続き物 | trackback(0) | comment(0) |


<<埼玉ラブストーリー(1) | TOP | リーサルウェポンガール>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/28-b557cb2b

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。