--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/05/23 (Mon) 永遠

 ラブソングを嫌いになったのはいつからだろう。
 大人も子供も、どこで生まれたかも、何を信じているかも、どんな目の色をしているかも、どんな肌の色をしているかも、何も関係なく世界中で今日も明日も誰かが歌う。愛は最高だ。愛こそ全てだ。…みたいなことを。うん、もうわかったよ。はいはい。
 だから何?
 お前の個人的なことはどうでもいいんだ。お前にしてみれば「1億人の中で俺がこう思ったから愛は最高だ」なんだろうけど、それを1億人が言っているんだ。だからお前もってことになるんだよ。
 愛は最高だ? どうして僕にだけそれが分からないんだろう。世界中の全ての人が愛を最高だと認めているのに、僕にはそれが分からない。カネをより多く持っている人がいて、セックスをよりうまくできる人がいて、何にもできない僕がいる。世界はそれだけだ。享楽的に生きることがまるで当たり前の、バブル真っ只中の馬鹿たちの思考は今も続いていて、愛とカネとセックスを至上ととらえ、人生だとか幸せだとかを考えることはギャグの一部にされてしまう。そんな世界だ。だから絶望する。全ての人に。
 けれど絶望しながらも生きるしかなくて、生きているとだんだん分かってくることがある。どっかのミュージシャンは「永遠なんてない」と歌ったけれど、僕には違う。「永遠」は存在するのだ。明けない夜がないから、とか、やまない雨はないから、とか、そういうチープなものと比べて短絡的に永遠はありませんでしたー、なんて決め付けるアホの考えに誰もが染められてしまっている。永遠はあることに気付いたんだ。
 ただ、「永遠」」ってのは相性があって、「愛情」とか「安らぎ」とか「幸せ」とは相性がよくない。逆に、これ以上ないってくらいにハマるのが「絶望」と「苦しみ」と「哀しみ」とか、そういう感情だ。なぜなら、生きることがこれ以上ないくらいに永遠に続く苦しみと絶望そのものだからだ。永遠ってのが宇宙の始まりから終わりまで、って思うから「ない」と判断しちゃうんだよ。その中の一瞬の、人の人生という単位で考えれば、そこらじゅうにゴロゴロ転がっている。永遠は…永遠の苦しみは。
 だからラブソングを嫌いになったのかもしれない。
 奪い合い殺し合うことが愛することなら、そういうレースからさっさと降りたい。クラッシュしたからもう降ろしてくれ。これ以上、あと何周回ればいい?
 …手を引くのはやめてくれ。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<道 | TOP | フレックスタイム>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/282-13290a82

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。