--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2001/08/28 (Tue) 埼玉ラブストーリー(3)

 アンドロイドの一体が逃げ出してしまった。地上へのエレベータを、眠っている他のアンドロイドと一緒にパッケージ内で乗り過ごし、地上へ出た瞬間にトラックを奪ったという。どこでそんな知恵をつけたというのか。しかし車があるというのは大誤算だった。また会議でうるさいことを言われるのだろう。まあ、いいや。僕はまたこう言うだろう。
「だからこの計画は危険すぎたんですよっ!」
 それでも上司はそんなことは気にも留めず、またアンドロイドの量産を命令するに決まってる。噂ではチーフ以上の管理職はセクサロイドを配給されているらしい。羨ましいなんて話だ。この計画は人として間違ってる。人体実験や人間クローンと同じレベルの倫理が必要だと僕は思う。そうしたとき、金儲けのためにこんなことを続けては…
 どうせマスコミや政治家の上の方にはセクサロイドは既に配給されているんだろう。僕らのような下っ端が心配したところで無駄というものだ。高給を貰っている身分としては、僕も、あまり大きなことは言わないようにしよう。

 実を言うと、アンドロイドの耳についている制御器というのはドラえもんの耳と同じで、最悪の場合、外れたとしても制御が出来なくなる以外に障害はないのだ。つまり、人間として3ヶ月程度を生きることもできるのだ。食事は必要ないが。

スポンサーサイト

続き物 | trackback(0) | comment(0) |


<<埼玉ラブストーリー(4) | TOP | 埼玉ラブストーリー(1)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/29-c7ccac37

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。