--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/10/24 (Mon) アルファブロガー フォーエバー(1)

 彼の遺体の第一発見者は、幸か不幸か、わたしだった。
 部屋には物が何もなかった。
 玄関を開けて、まっすぐベランダまで見通せる、この7メートル。視界を遮るものは何もなかった。カーテンも、テレビも、机も、一年中置いてあった扇風機も。
 最後まで人に迷惑をかけないであろうとしたのだろう、彼の遺体は、驚くほど綺麗だった。…死後1週間も経っていたというのに。もちろん、見られたもんじゃない。腐食していく人間の体なんて誰が見たことあるだろう? お医者さんでも滅多にない。グロ画像マニアの領域だった。けれど、血が流れた様子や、体液や、糞尿みたいなものは、なかった。部屋はただ、フローリングと、彼だけだった。

 わたしとパソコンどっちが大事なの、って冗談で訊ねたことがあった。彼は本気で悩んで、きみだよ、と言ったけれど、本当のところは分からない。彼はブログをつけていて、私は気をつかってそのアドレスを知らなかったもんだから、結局彼が隠していた秘密の日記? みたいなものを知ることができなかった。
 気付くと、車の後部座席だった。わたしは慌てて、親友と、両親と、彼の両親に電話をかけていた。かけつけてくれた母親はすぐ警察に連絡し、わたしは、周りがうるさくなっていくのを感じながら、いつしか眠っていたようだ。
 目を覚ましたわたしに気付いた母親は、運転しながら何か言っていた。気休めの言葉だったのかもしれない。もしかすると、あんな男じゃなくてもっといい人がいるわよ、くらいのことだったかもしれない。
 …ついさっきのことのはず。でも。思い出せない。彼の顔。もう”彼”ではなくなっていたけれど、変色した彼の顔(というより肉)を、私の網膜は焼き付けていたはずなのに。

 これから、どうしろって言うの?
 彼の遺体が最後に持っていたのは、携帯でもプレゼントでも遺品でも日記帳でもなく、貯金通帳だった。
 はんこと暗証番号を書いたメモが挟まっていた。
 通帳は、7日前の日付で記帳されていた。わたしに振込みしていたらしい。貯金なんてまったくなかった彼が、部屋のものを処分して稼いだほんの少しのお金。
 手切れ金のつもり?
 笑うこともできなかった。
 この先、どうやって生きていけばいいんだろう。
「ああ、最悪だ」
 わたしはことのとき、ふと思ってしまったことに憤り、車の中で声を上げて泣いてしまった。両親も親友も乗っていたけれど、たぶんわたしは悲しくて泣いてたんだと思っただろう。
 …新しい恋愛ができる。次は幸せになってやろう。
 ――わたしは、そんなことを思ってしまったのだ。さっき見たはずの彼を、もう過去のものだと頭が勝手に処理してしまっていた。

スポンサーサイト

続き物 | trackback(0) | comment(0) |


<<大きなのっぽの古ブロガー | TOP | アルファブロガー フォーエバー(2)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/307-99eae53e

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。