--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/01/16 (Tue) revolution

「この仕事は君にしかできないんだよ」
上司にそう言われ、その日は何故か寿司を食べさせてもらった。

「あたしにはあなたしかいないの!」
いつもそばにいる人が泣きながら、僕を殴りながら、そう言う。僕は血を飲み込みながら、何も思わない。

「お客様にぴったりのクルマですよ!」
馴れ馴れしい営業が変な笑顔で言う。


帰るのはいつも終電。出社は朝8時半。別にそれは普通だと思っていた。
やらなければいけないことだと思っていた。
彼女が泣けばお金を与えなければいけないと思っていた。


1月半ばのこの夜、月は見えない。
そういえば、先月の今日は、綺麗な月が見えていたっけ。

ふと目をやると自転車置き場のそばで猫がうずくまっている。何匹もだ。
深夜になれば氷点下のこの時期でも、どうして野良猫が生きていけるんだろう。
…僕にはわからない。

僕は、何も考えずに、終電でいつもの駅に降り、何も考えずに帰宅しようとする。
月を見ようとして、猫に手を差し伸べようとして、他人の目を今更気にしたりして、イヤホンから響くいつもの曲を意識することもなく、いつものように、いつもの道を歩いて、いる。


そんな僕が、誰に必要とされているっていうんだろう?



「あなただけ」「きみだけ」「おまえだけ」…みんながみんな、僕をオンリーワンだと言う。
僕もそれに答えようとして、必死に笑顔を作り、苦痛をかみ殺し、頭痛を誤魔化し、努力を続ける。



…ああ、そういうことか。

耳に響く曲が、いつも歌っていたのに、どうして僕は気付かなかったんだろう。
自分で造っちまった、エラく頑丈なこの手錠に。


途端、僕は足元を確認する。
錠で繋がれた両手で、しっかりと足を撫でてみる。革靴を叩いてみる。


「よかった。まだ、大丈夫」

足枷はついていない。
僕は、まだ、全速力で走れるんだ。
翼がなくても、手を繋がれていても、僕は僕をまだ、持っている。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<鳥かご | TOP | 流行の歌も歌えなくてダサいはずのこの俺>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/314-3e63b499

| TOP |

プロフィール

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。