--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2001/10/29 (Mon) トライアド

 西暦2034年、人類の歴史は、終わった。
 2033年、人間の五感に新たな感覚、「霊感」が加わった。「霊感」の存在が証明されたのが2015年、そして「霊感」の特徴が検出されたのが2022年、それから11年間はひたすら研究が進み、ついに人類は「霊感」を手に入れたのだった。
 「霊感」は全世紀に盛んだった研究「超ひも理論」の延長にあり、素粒子のひとつ「霊子」の運動によって、それまでの五感を超える能力、今までは「超能力」と呼ばれていたものが誰にでも使えるようになったのだった。
 「霊感」の最大の特徴は「意思」を形にできることだった。それは今までは幽霊や霊体などと呼ばれていたものだったが、自在に霊体を肉体から離脱することが可能となったことが、これまである意味でタブーとされていた「死後の世界」を知ることができるということに繋がり、全世界的に「霊界ブーム」が巻き起こったのだった…

 今、子供たちの間で人気なのは「臨死体験ごっこ」だ。死後の世界にどの程度まで踏み込めるか、というゲームで、霊界にいくつかある「扉」をどれだけ超えられるか、その数を競うのだった。
「今日は4枚行ったぜ!」
「俺も!」
「俺もー!」
仲間外れにされるのは3枚以下しか扉を超えられない子供。噂によると、ある扉を超えると二度と霊体が戻ってこれないらしい。今日もそんな「霊的いじめられっこ」達が放課後の校舎で話をしていた。
「だってさ。あの4枚目の扉は絶対やばそうじゃん!」
「たしかにな。気持ちいいっていうか、眠くなるっていうか、扉を超えるたびにそういうのがあるよな」
「帰ってこれなかったらどうすんだよ!」
「そうだ。こういうのはどう?」
「ん?」
「誰かが扉を超えまくるんだよ!で、寝ちゃったら後ろからついてった奴が連れ戻すの。そうすれば一気に5枚、6枚くらい行けるんじゃないか!?」
「うーん…でも怖いなぁ…」
「行こうぜ!じゃあみんなで行こう!」


・・・・・・
『なあ、今何枚超えた?』
『うーんと、8枚だよ。みんなで行けば大丈夫だね』
『おい!次は3枚並んでるぞ!』
『どれにする?真ん中?右?左?』
『えーっと…。ジャンケンしようぜ』
『あっ!向こうから開くよ!?』
『開くなんて…聞いたことないぞ!』
『右と左…両方開く!!』
『何か来るみたいだよ!』
『逃げようよ!』
「ククク…」
『笑ってるよ!ねえ、逃げよう!』
『何が来るんだろう…』
『天使だ!かっけー!初めて見たよ!』
『天使か…すげーな…』
『あっ!』
『どうした!?』
『悪魔だ!』
『左からは悪魔が出てきたよ!!』
『こっち来るよ!逃げようよ!』
『だって…。今までの扉、全部開いたままだよ…!?この扉って、向こうからは開かないけど、こっちからは開けられるんだって。わかる!?』
『じゃ、じゃあ…』
『来ちゃうじゃん!!』
『最近、悪魔とかが増えたのってこういう理由だったんだ!』

 それは前世紀、サバトと言われた悪魔召還法。そして西暦2034年、人類の歴史は、終わった…かに見えた。しかし、人類は既に「第七感」の証明と検出に成功していた。それが異世界の勢力に対抗する唯一の手段だとわかるのに、時間はかからなかった。
 ここに、人間界、天界、魔界を巻き込んだ大戦争が、幕を開けた。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<そんな、深夜。 | TOP | 馬鹿げた話には乗らない>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/62-e5678646

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。