--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2001/11/09 (Fri) 気志団先生

 中学生を相手に、社会を教えるという職業。しかし俺は、教科書通りの授業なんてやらねぇぜ。なぜなら俺は気志団先生だからな!
 俺の授業中は基本的にまばたき禁止だ。尾崎も禁止。バイク盗難は犯罪です。
 蛍光灯を最強の明るさのスポットライトに変えて、光の渦の中で突っ走るぜ。ついて来れない奴は置いていく。なぜなら俺は気志団先生だからだ。
 今日の授業は「自殺しちゃいけません」だ。喧嘩は華があるからよし。でも、殺しちゃダメだ。適度に殴り殴られるのが華がある喧嘩だ。まぁ喧嘩は措いといて、どうして自殺しちゃいけねぇのかを考えるのが普通の授業だが……気志団先生は違うぜ。そもそも、ダメと言われたことはやりたがるのが人間の性(サガ)だ。だから、死にたい気持ちは分からんでもない。
 どうして自殺がダメなのか、多感な中学生に教えるには「他の人が悲しむから」とか「いままでお前を育てるためにいくらかかったと思ってるんだ!」とか言っても無意味だ。俺ならこう言う。
 死んだら笑いものになるんだぞ!
 そして自殺者の写真を見せる。今日の資料は首吊りだ。
 ちなみにこいつは資料作成のために俺が吊ったんだが、まぁ、関係ない。死因は「向こう側に行きたいから」でいいじゃないか。a-ho! a-ho!
 まぁ、俺の授業を受けたい奴はいつでもクラスに紛れ込んでくれ。寂しがり屋たちの伝説さ。ちなみに俺は相手が中学生だろうが何だろうが構わず、こう言うのさ。
「俺んとこ 来ないか?」

チャッチャッチャッチャー チャララチャッチャッチャー a-ho!
チャッチャッチャッチャー チャララチャッチャッチャー a-ho!
One night carnival 胸の奥……(フェードアウト)

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<欲望の神龍 | TOP | ためになる国語 ~間違えやすい言葉>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/72-f99bc38c

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。