--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2001/11/23 (Fri) 不思議駅前通り商店街

 駅前の広場に、なぜかメリーゴーランドが設置されていました。ゲーセンのアトラクションではなく、どこかの遊園地から持ってきたのをそのまま置いたような感じでした。風景にはまるで合っておらず、妙に不気味で、滑稽で、お金をとるでもなく、特典があるでもなく、無人のままに白馬やかぼちゃの馬車が、楽しげな音楽と共に回り続けていました。
 乗った人は恥さらしであるとでも言いたげに、駅前の人たちは誰も皆メリーゴーランドに乗ろうとしません。好奇心旺盛な高校生たちですら、なぜか乗ろうとしませんでした。そして誰一人乗らぬままに1週間がたち、それは新しい待ち合わせの場所として人気がでました。しかし、いつしか噂が立ちました。そのメリーゴーランドは、呪われているんだ。
 赤いフードの少女もまた、その噂を聞きつけてやってきました。待ち合わせの新名所として華やいだその場所で一人。少女は周りの目など気にせずに、目の前をゆっくりと回っている白馬に乗り込みました。
 一周。また一周。少女は不思議な表情で回りました。周りの人たちは全員が少女を見ています。少女が降りるとそこへ、青いキャップの少女がやってきました。彼女は駅前でいつも弾き語りをしています。二人は顔を見合わせるとニヤリと笑い、歌を、歌い始めました。
 同じところで回り続けるけど
 前へ向かって回り続けるから
 先へ進めなくてもいいじゃない
 そんな、やる気がなくなるようなダルくてベタな歌詞でした。歌が終わると二人は雑踏の中に消えていきました。二人の姿が見えなくなった頃、一人二人と、メリーゴーランドに乗る人が現れました。
 物珍しそうに見る人を尻目に、メリーゴーランドから降りた人たちは皆幸せそうな表情を浮かべていました。待ち合わせがあるのかないのかはわかりませんが、降りた人たちは雑踏の中へゆっくりと、しかししっかりと、歩いていくのでした。

スポンサーサイト

読みきり | trackback(0) | comment(0) |


<<キングオブサバンナ | TOP | マフラー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sweetstorylatte.blog35.fc2.com/tb.php/89-ebdfa64a

| TOP |

プロフィール

ryow

Author:ryow

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。